住宅ローンが払えない

このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローン借金相談は珍しくない

住宅ローンの借金相談というのはそんなに珍しいものではありません。会社が倒産して住宅ローンが支払っていくことが出来なくなった人。または契約者が不慮の事故などで他界して、住宅ローンの支払ができないと住宅借金相談に来る配偶者やその子供。など住宅ローンの支払いが困難という契約者は案外多くいます。

もし契約者が不慮の事故などで他界したり、または病気などで他界した場合は団体信用生命保険でその残債を補う事もできますので、仮に契約者が他界したとしても残された家族はそのまま家に住み続ける事ができますが、これが個人ローンの多重債務化で住宅ローンの支払が滞ってしまったような場合、また自宅に設定された抵当権が執行される寸前である場合などは、家を手放すことになる可能性が非常に高くなります。

実際、こういったケースで競売に出されて残債に充てられるなんてことは良くある話ですので、家を処分する事でこれまでの借金を完済する事はできますが、ただ心情的にはあまりやってほしくはありません。折角購入した家ですから頑張って支払って頂きたいと思います。今、住宅ローン金利はここ数年で急激に落ちてきたことで、住宅ローンを組む若い人は非常に増加してきていますし、また銀行間の競争も激化していますので、大変低金利で申し込みが出来るようになりました。しかしその反面、安易に住宅ローンを組む人達の増加で焦げ付く割合も最近徐々に増えてきています。そういった意味において借金相談を弁護士に持ち掛けて来る人は増加傾向にあるのです。

住宅ローンが払えない 記事一覧

住宅ローンの債務整理で返済軽減する

折角買った家も長い人生の中で起きる様々な出来事のせいで手放さなくてはならない事もあるでしょう。そんな時、住宅の借金相談に乗ってくれるのも実は個人ローン専門の弁護士です。弁護士は最近、個人消費者ローン...

住宅ローンの債務整理で返済軽減するの続きを読む>

破産を考える前に

自宅にいくつもの抵当権が設定されているとか、または銀行から自宅が差し押さえられているというような場合はかなりの高い確率で自宅を手放す必要があります。そしてこれを抵当権の執行と言いますが、合法的な債権...

破産を考える前にの続きを読む>

このエントリーをはてなブックマークに追加