住宅ローンの債務整理で返済軽減する

このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンの債務整理で返済軽減する

折角買った家も長い人生の中で起きる様々な出来事のせいで手放さなくてはならない事もあるでしょう。そんな時、住宅の借金相談に乗ってくれるのも実は個人ローン専門の弁護士です。弁護士は最近、個人消費者ローンの債務問題を専門に取り扱う人ばかりがクローズアップされていますが、実は個人ローンというのは、個人の消費者ローン以外にも住宅ローンもその中に含まれています。

住宅ローンですので、通常は35年ローンを組むのが一般的ですが、人の人生のおよそ半分の期間返済し続けていかなくてはならない住宅ローンも長い人生の中で起きる様々な出来事の影響を受けて返済に滞ってしまい、やむなく手放すことを決断する契約者も数多くいます。そんな時に住宅問題に関する借金相談に乗りまた債務減額や破産の手助けをしていってくれるのが弁護士なのです。

住宅ローンの債務整理には大きく分けて4つの方法があります。殆どの場合、個人の消費者ローンの債務整理と同じなのですが、特定調停、任意整理、自己破産、個人再生の4つの方法です。この4つのいずれかを使い債務減額の交渉を銀行または住宅供給公社と行っていく事になります。また費用や時間も方法によって異なってきますし、住宅ローンの債務減額に関しては司法書士や行政書士もアドバイスを行ったりすることがありますので、一度住宅ローン関連の借金相談でその道に精通した相談相手に相談するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加