破産を考える前に

このエントリーをはてなブックマークに追加

破産を考える前に

自宅にいくつもの抵当権が設定されているとか、または銀行から自宅が差し押さえられているというような場合はかなりの高い確率で自宅を手放す必要があります。そしてこれを抵当権の執行と言いますが、合法的な債権回収手段です。しかしそうではない場合、単純に借金の支払に困窮しているだけであれば自己破産を考える前にまずは弁護士などに借金相談をもちかけるべきでしょう。

住宅ローン債権の救済手段は状況にもよりますが、いくつかあります。破産だけが全てではありません。

破産するとそれこそ自宅を手放すことになり、今持っている預金等の現金資産もすべて破産管財人である弁護士の手に一時的に渡ってしまうことになります。そうなる前にまずは違う方法で借金の救済を考える必要があるでしょう。例えば銀行や住宅供給公社との双務契約の見直しや、債務の圧縮といった減額措置の交渉などまずは債権者との話し合いを持つ必要があります。そして場合によっては何らかの方法で借金を圧縮できれば最悪、家を手放す必要はなくなります。

但し前にも書いたように自宅に抵当権が設定されているような場合や、自宅が銀行からの差し押さえがかかっているような場合はこの限りにはありません。かなりの確率で法的に強制執行がかけられますので、この場合はその執行を引き延ばす交渉が必要となりますが、その場合はかなり高度な交渉が必要となりますので個人ローン専門の弁護士に住宅関連の借金相談を依頼し、交渉をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加