暴力的な取立ては刑事罰の対象に

このエントリーをはてなブックマークに追加

暴力的な取立ては刑事罰の対象に

今、ヤミ金を取り巻く環境は最悪と言わざるを得ません。今新規で消費者金融業を営もうとすると、まず都道府県知事の認可が下りません。かつては都道府県知事の認可を簡単に得て貸金業を行っていた消費者金融業者も今は、その認可がなかなか下りない為にヤミ金として営業せざるを得ないのです。しかしヤミ金として営業すると利息制限法の規定に引っかかってしまいますし、それ以前に認可が出ていない貸金業者自体が業法違反となり刑事罰の対象となるため、ビジネスをする事が大変難しい時代となりました。

またちょっとでも暴力的な取立て、または合法的な取立てを逸脱するだけで、脅迫罪が成立し刑事罰の対象となります。大手の貸金業者でさえ、苦しい経営を余儀なくされている中で、中小の貸金業者はもっと厳しい経営を迫られています。

しかし相変わらず、借金相談に来る人の中にはこういったヤミ金融からの暴力的な取立てを訴える人が後を絶ちません。しかし多重債務者の多くがこういった知識の乏しい人たちが多い為、なかなか弁護士に相談しにくい、または弁護士の借金相談会に行きにくいという事情があります。弁護士の借金相談会はどこまでも市民の味方。弱者の味方です。灰汁は闇金融業者。ヤミ金融を撲滅する為にまずは、弁護士に借金相談を持ち掛ける必要があります。そして法律の力で闇金業者を社会から一掃する必要があるでしょう。そのためにもまず、なかなか減らない闇金融の多重債務を抱えているのであれば、まずは借金の専門家に相談してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加